ABOUT

我々の思い

愛犬の健康と長生きのために

ユーカヌバのドッグフードには
どのような思いが込められているのでしょうか?

犬は、私たちにとって単に最良のペットということだけではなく、それ以上の大切な存在です。私たちの使命は、愛犬が日々の生活の中で最高のコンディションを保ち、犬本来のあふれる元気を引き出すこと。そして、私たちは、優れた栄養のために研究を重ね、高品質のフードを提供することでこれを実現しています。

ユーカヌバの歴史は、1969年、創設者ポール・アイムズが妥協のない高水準のドッグフードを意味する印象的な名前を探したことから始まりました。それは今までに見たことのない、たぐいまれな品質のドッグフードにふさわしい、特別な名前でなければなりませんでした。

彼は、ジャズの世界からインスピレーションを得ます。1940年代、ジャズは独自の言葉と共に発展していました。“ユーカヌバ”という言葉はジャズの文化から生まれたもので、最新の曲やトップモデルの車をはじめ、「最良」、「最高」表すものにだけ使われていました。これが、アイムズの心に強く響き、彼の理想を体現する製品は、“ユーカヌバ”と名付けられ、ここから私たちの歴史は始まりました。

私たちは創業から続く強い思いを大切にするとともに、愛犬のためのよりよい未来を見据え日々活動を続けています。これからも愛犬がいつも健康で幸せな毎日を過ごせるように、さらなるイノベーションと高品質のフードを提供できるよう前進し続けます。

栄養に対する考え

すべては高品質な原材料から
始まります

犬が本来必要とする栄養を届けること。
これこそが私たちの栄養に対する考えです。

私たちの栄養に対する考えは、肉食動物から進化してきた犬が本当に必要な栄養は何かを考えその食性に最もふさわしい食事を提供することです。そのため、ユーカヌバでは、野菜ではなく、チキンやラム肉などの高品質な動物性タンパク質を主要なタンパク源としています。そうすることで、愛犬が最高のコンディションを保ち、健康で犬本来のあふれる元気を引き出すことができるのです。

私たちの研究結果がもたらした栄養学は何百万ものペットの健康維持に貢献してきました。ライフステージ、身体の大きさ、特別に必要なケア、活動量、それぞれの状態に適した製品を開発しています。必要な栄養は個々の犬よって異なる。という私たちの考え方、ペットへの知識と尊敬が、多くのブリーダーや協会関係との連携につながってきました。アメリカ・ケンネル・クラブ(AKC)、国際畜犬連盟(FCI) など世界で高い評価を受けている組織との連携、ヨーロッパのケンネル・クラブをはじめとする様々な団体からも“Partners of Excellence(優れたパートナー)”として認められています。

ユーカヌバの栄養に対する考えはこの40年間まったく揺らいでいません。
犬が本来必要とする栄養を届けること。これこそが私たちの栄養に対する考えです。

品質への取り組み

最高の栄養を届けるために、
徹底的に品質の安心と安全を
追及します。

ユーカヌバの製品は10年もの間
ずっと最高の評価を得ています。

ユーカヌバで働く私たちも、ペットとともに生活し、常に愛犬の健康を願う一人一人のペットオーナーです。そしてユーカヌバを愛犬の毎日の食事として選んでいます。それは、私たち自身がユーカヌバのフードを信頼し、このフードが愛犬の健康を願うペットオーナーの想いに応える事ができると信じているからです。

ユーカヌバ製品において「安心」と「安全」は絶対に欠かすことのできない極めて重要なものです。私たちは60年以上にわたり最高の品質を保つことに専念してきました。そして10年後も変わることのなく、品質の安心・安全を徹底的に追求し最高の栄養を届けるために以下のことを約束します。

第一に、動物性タンパク質を主原料とした高品質な原材料を使用します。動物性タンパク質は人の食事にも適したものです。本来肉食動物である犬には、チキンや卵、ラム肉、魚などから得られる動物性タンパク質を使用することが重要です。そのため、植物あるいは穀物由来のタンパク質を主なタンパク源として使用していません。

次に、私たちは製造のあらゆる工程で厳格な検査を行います。ユーカヌバ製品には120以上もの品質検査が詰まっています。これらの品質検査はサプライヤーでの出荷前検査から始まり、工場においても納品されるすべての原材料に対して厳格な検査が行われます。基準を満たさない原材料は受け入れることはありません。さらに生産から、包装、密封まで、全ての工程が厳重に管理されています。

原材料メーカー(サプライヤー)も厳選しています。彼らの多くは長年にわたり協力してきたパートナーですが、どのサプライヤーであっても必ず原材料は検査され、厳格な品質保証基準を満たした原材料を積むトラックだけが工場に入ることを認められます。同時にサプライヤーは原材料が基準を満たしていることを示す証明書を提示しなければなりません。この一連の工程で基準が満たされなかった場合、原材料の受け入れは拒否しています。

さらに、私たちは専門的な第三者機関による監査を実施しています。この専門機関による監査で、ユーカヌバは最高の評価を得ています。これは人用の食品のメーカーであっても簡単なものではありません。製造工程の全てにおいて私たちの品質基準がきちんと満たされているかどうかを客観的に評価するために、約20年前から監査を受けそして10年もの間ずっと最高の評価を得ています。