ユーカヌバ ドッグ
あなたの犬に適したドッグフードを見つけるには、“詳細を見る”をクリックしてください。
詳細を見る
 

生後2か月までの子犬を育てる時の注意点|トレーニングとしつけ

子犬を家に迎えるのは、考えるだけでわくわくすることです。誰でもそうだと思います。ここでは、子犬を迎えるにあたって、子犬のことをもっと愛おしく思えるように、また子犬を迎えるのにどのような準備をしたらよいかについて、さらに子犬との日々がもたらす喜びについてお話しします。 子犬は日に日に大きく、強くなります 生後3週間経つと、子犬はおぼつかない足取りで寝床から這いだしてくるようになります。そしてまもなく、兄弟たちと取っ組みあいの遊びをするようになります。こうした遊びは、もっと大きくなってから他の犬…

犬の素行と運動の関係|犬のトレーニングとしつけ

適度な運動がすべてを変えます。 適度な運動によって、子犬の素行がよくなります。つまり、飼い主にとっては躾けが楽になります。必要となる一日の標準的な運動量については、かかりつけの獣医師に相談してください。生まれつき活発で、普通よりも運動量が必要になる犬もいます。一日を通して運動できるよう、家族のスケジュールを組んでみましょう。…

愛犬の誕生日を祝う際の注意点|犬の健康と栄養

愛犬の誕生日です!ごちそうをしてあげたいでしょう。あなたの獣医師が認めてくれそうないくつの提案があります。以下をご覧ください。 愛犬が飽きない食べ物でないごちそう 犬の飼い主が、忠実な友達の最初の誕生日以上に、ちそうしてあげたいと思うときはないでしょう。以下は健康的でないスナックに頼らなくてもお祝いできる方法を提示しました。 予想外のこと:誰にもお決まりの散歩コースはありますが、たとえ隣の通りであっても環境を変えると、愛犬の足取りはウキウキしてきます。新しいルートを発見すると、違った樹の匂いを嗅…

子犬の身元が分かるIDの準備|プレミアムペットフードのユーカヌバ

迷子になっても無事に見つかるよう、子犬の身元がわかるようにしておくことはとても重要です。 広く利用されているのは、次の2つのIDです。 首輪に付けるタグ。目に見える最も一般的なIDです。犬の首輪に取り付けるだけのこのタグには、犬の名前や飼い主の電話番号を記載しておきます。首輪やタグはいつでも取り外すことができますが、いつも付けておいたほうがよいでしょう。 マイクロチップ。これも半永久的なIDです。米粒ほどの大きさで、犬の皮膚に埋め込まれます(麻酔や手術は不要)。マイクロチップには、動物保護施設な…

飼い犬が迷子になった時の対処方法|プレミアムペットフードのユーカヌバ

ペットがいなくなっても慌てないようにしましょう。 次のチェックリストに従って、粘り強く探します。 犬が隠れそうな場所など、自宅の敷地内をくまなく探します。 家の周辺を探します。近所の人にも声をかけ、留守の家にはあなたの名前と電話番号を書いたメモを残します。子犬の名前を何度も呼んでください。 子犬が帰り道を見つけられるようにします。自宅のにおいを嗅ぎつけられるよう、子犬のベッドやあなたのにおいが付いた毛布を家の外に置きます。 地域の動物病院、保護施設、動物愛護協会に問い合わせます。また、交通事故に…

FAQ:子犬についてのよくある質問|プレミアムペットフードのユーカヌバ

過去に経験がある人であればともかく、子犬の育て方が正しいかどうかわからなくなるのは誰にでもあることです。そんな不安を解消していただくために、You & Your Dog 誌に寄せられた質問と、それに対する専門家からの回答をご紹介します。 Q:子犬とはどのくらい遊んだほうがいいですか。 A:1日に3~6回遊んであげましょう。ただし、子犬が疲れやすいことを忘れないようにしてください。ボールなどを取りに行かせるゲームは、運動になるだけでなく、命令に従うことを学ぶ機会にもなるため理想的と言えるでしょう。…

思春期の子犬の育て方へアドバイス|犬のトレーニングとしつけ

生後7か月になると、子犬はかなり成長します。小型犬はすでに思春期に入っており、大型の犬もまもなく思春期を迎えます。ここでは、これから数か月間に飼い主と子犬が通り抜けなければならない大きな問題について、指針を示したいと思います。 去勢・避妊:最も思いやりのある処置 あなたの犬の子どもを産ませようという強い決意がないのであれば、去勢・避妊手術を受けさせるべきだと獣医師は言うでしょう。また、子どもを産ませるのがどれほど大変なことか、十分に考えたうえでなければ、軽々にそういう決断を下すべきではありません…

健康的な関節維持のために必要な運動|子犬の世話

子犬は成長し体力がついてきて、より活発に運動するようになります。物置の奥に埋もれていたフリスビーを取り出して、健康な関節づくりのために利用することを考えてみてください。 関節を長く健康に保つ ボールを追いかける。丸太を飛び越える。風のように走る。子犬の動きは相当活発な運動へと変化しますから、関節へのストレスや負荷が増加します。ですから、早すぎないこと、やりすぎないことに注意してください。車から負荷がかかるような飛び降り方をして、後になって問題を起こすこということもあります。 運動をすること筋肉量…

子犬の健康管理のポイント|犬の健康と栄養

犬は具合が悪くなっても、それを飼い主に言葉で伝えることができません。もちろん、クンクンと鳴き続けていれば、何か異常があるのはわかるでしょう。とはいえ、たとえばずっと体を掻きむしっていても、その原因がノミなのかアレルギーなのかはわかりません。あなたが畜産学を専攻していたのでなければ、犬のいい状態も悪い状態も理解してくれる獣医師が必要になります。また、健康診断の内容を知っておくことも重要です。 獣医師を見つける 子犬のための獣医師を見つけることは、家族の主治医を見つけることとまったく同じです。い…

愛犬を旅行に連れて行くときの注意点|犬の健康と栄養

さあパッキングして旅行に出かけましょう!以下に愛犬を安全無事に旅行に連れて行く方法を記載しています。 あなたの愛犬(子犬、成犬)との旅行の際のヒント パッキング: あなたはパラダイスの気分を楽しみたいと思っているかもしれませんが、あなたの愛犬はそうではありません。愛犬の食生活を健康に保てるように普段与えている栄養物の十分な量を荷物の中に入れてください。急な変化があると胃の調子をおかしくする可能性があります。新しい環境でも安心できるように、愛犬のお気に入りのおもちゃやブランケット、ベッドも忘れない…